多くの新電力

2016年4月に電力小売が完全自由化されたのはご存知の通りかと思います。約650社の新電力会社が誕生し、従来の電力会社に代表される東京電力や関西電力たちとしのぎを削っています。

新電力にはいろんな会社が参入しています。タイトルにあるように楽天さんのような母体の大きな会社が参入し、既存のネットワークやポイント網をうまく活用してビジネスを展開されていらっしゃいます。auでんきさんのように携帯電話ネットワークを駆使して電力事業に参入されているケースもあります。

それぞれの電力会社にそれぞれの魅力があるので、契約者一人ひとりに最適な電力会社を選ぶ必要があります。もちろん東京電力がいいんだ!関西電力がいいんだ!という方はもちろんそれでも構いませんが、せっかく自分自身で電力会社を選べる時代が来たのです。最も自分に合った電力会社をぜひ探してみてください。

選ぶ基準

それでは何を基準にして選んでいけばよいのでしょうか?今回はポイントを2つに絞ってご紹介したいと思います。

1つ目は「料金プラン」です。電気はどこの電力会社から購入しても同じ質のものが同じ量だけ供給されます。もちろん家の電球が暗くなることもありませんし、お湯が沸く時間が遅くなることもありません。停電の可能性もよくご質問いただきますが、それは東京電力や関西電力と契約している時と同じリスクです。どこの電力会社と契約しても同じだと言い切れます。つまり、同じものを購入するのであれば、1円でも安いところで買うのが当たり前なのでは?と弊社は考えるのです。

しかし、この料金プランがクセモノです。大手の電力会社では段階性の料金プランを用意しています。●●kWhまでは何円、●●~○○kWhまでは何円・・・という形で料金プランを設定しているのです。正直申しましてこれは一般の方々にとってデメリットが多い料金プランであると言えます。その最大の理由はわかりづらさです。

新電力会社の中には弊社も含めて、固定制の料金単価を設定している会社があります。こういった電力会社は非常に料金が明確です。使用量×料金単価が使用料金となります。またこの設定をしている会社の多くが、基本料金を0円に設定しています。基本料金は一カ月間まったく電気を使用しなくても発生してしまうお金です。弊社からするとこういった費用はお客様からいただくべきではないと考えているので基本料金を0円とさせていただいております。

ここに気を付けて

料金プランも気を付けていただきたいのですが、より注意すべきなのは「小売電気事業者と直接契約する」ということです。販売代理店や取次店を経由して契約することに何ら問題はないのですが、中には悪徳業者も存在します。問題を起こしてニュース等で報道されている会社も多くは販売代理店や取次店です。そのため、小売電気事業者と直接契約せずに一社間に挟む場合には、よく注意して調べてから契約をすることをおすすめいたします。(※販売代理店や取次店を批判するわけではありませんし、真っ当な経営をされている会社がほとんどです。)

最後に

ここまで新電力の種類や選び方を紹介してまいりました。いま新電力会社は多数存在していますので、慎重に会社選びをすべきだと弊社は考えております。しかしながら料金プラン1つ見ても、従来の東京電力や関西電力と契約を続けるより電気代が削減できる可能性が非常に高いのです。このチャンスを逃すのはもったいないと言い切れます。

電力小売自由化はすべての人々に与えられた権利であると言えます。ご自身に最適な電力会社を見つけていただき、削減できたお金で何か1つでも幸せが増えることを願っております。