新電力時代到来

これまで電力は当たり前のように東京電力や関西電力から供給されていました。何一つ疑うことなく契約が進み、希望日から供給がスタートする流れです。

しかし、2016年4月の電力小売完全自由化が始まってから大きく流れが変わりました。完結にまとめますと、「好きな電力会社から電気が買える」ようになったのです。

新電力の選び方

電気を買えると言っても電線が変わるわけではありません。電線は東京電力や関西電力の持ち物ですので、新電力会社は自社の電気を契約者に流すために電線使用量を支払っているのです。電線を借りるだけでなく実際の送電業務も委託しているため、結果的には従来の電力会社が供給しているのと大きくは変わりません。もちろん停電の可能性も従来に同じですので、安心して新電力会社に切り替えを行っていただくことが可能です。

それではどのように新電力会社を選べば良いのでしょうか?タイトルにもあるようにeneosさんやLooopさんといった英字の会社も増えています。

eneosさんは言わずと知れたエネルギー業界の雄だと言って過言ではないでしょう。特にガソリンスタンドでその姿を見る機会が多いのではないでしょうか?eneosさんの強みはガソリンや電気などの生活必需インフラをまとめあげ、大きなキャンペーンとしてプロモーションをされている点です。事実、料金単価も魅力あるのものですので、ぜひ一度お調べいただいてはいかがでしょうか?

Looopさんは新電力を中心に事業を行われていらっしゃいます。太陽光発電や蓄電池も積極的に取り扱われており、新電力業界の中ではかなり大きな規模で運営を行われています。

Looopさんの一番の魅力は料金プランだと考えています。どこよりも早く「基本料金0円」「固定性の従量単価」を採用されていらっしゃいました。基本料金は契約をしていれば誰でも発生してしまう料金です。東京電力や関西電力も基本料金が設定されており、一か月の間まったく電気を使わなかったとしても費用が発生する仕組みとなっています。空き家であっても契約が続く限りは数百円が請求されているのはそのためです。

しかし、基本料金0円ということは、まったく使わなかったとすれば請求金額も0円なのです。つまり、無駄がまったく無いため契約者にとって優しいプランであると考えられます。従量単価も設定された価格で固定されているため、300kWh利用したら300×設定単価が電気料金となる非常に明快な料金設定となっています。

料金プランの罠

弊社もLooopさんと同じ料金単価を採用しています。業界ではまだまだ多くはないですが、このような契約者にとってわかりやすい料金プランが今後は増えていくと予想しています。これまではどうにかうまく契約者が気づかないように利益を生み出す・・・という電力会社が多かったのですが、契約者の方々も情報が増えるにつれて見る目が当然厳しくなっていくことでしょう。

卑怯なやり方で利益を生み出すよりも、愚直にまじめに経営をすることで契約者の方々に選んでもらう電力会社が増えてくることを祈っています。とはいえ、料金プランがわかりづらい電力会社はまだまだ多いです。そのため見るべきポイントを1点だけお伝えします。

それは「300kWh以降の料金単価」です。月々10,000円以上電気料金を支払われている契約者の方は、300kWh以降の電気代が安い電力会社がお勧めです。反対に、月々5,000~10,000円以内くらいの方は300kWhまでが安い電力会社がお勧めとなります。5,000円も使わない方は、基本料金がないところが良いでしょう。

最後に

新電力会社は650社以上存在します。ご自身のライフスタイルに最も合った電力会社を選び、電力削減分で幸せになっていただくことを願っております。