電気契約の仕組み

いまの日本では、住居やオフィスに入居する際に好きな電力会社と契約をすることが可能です。これは2016年4月からスタートした電力小売完全自由化の政策で可能となった仕組みだと言えます。しかしながら、まだまだ電力自由化のことがよくわからず、従来の一般送配電事業者と言われる東京電力や関西電力、東北電力や九州電力と契約を続けている方が多いのも事実です。

もちろん、一般送配電事業者との契約が必ずしも損ではありませんし、使い方や契約内容によってはあまり差がないことも往々にして存在します。ですが、新電力の方が安くなる可能性が高いこともまた事実です。

新電力の活用

それではどうすれば新電力と契約することができるのでしょうか?今回のコラムのタイトルでもある、引っ越しをテーマに述べていきたいと思います。

新電力への切り替えは、主に2つの方法が存在します。1つ目は「スイッチング」という方法です。文字通り、従来の契約会社から新しい会社にスイッチング=切替処理することを指します。多くのパターンがこのスイッチングを用いて新電力に切り替えを行っていくことになります。

切り替え方法も簡単です。契約したい新電力会社に連絡を入れ、必要情報(供給地点特定番号・契約番号・ご契約名義など)を伝えるだけでスイッチングを行ってくれます。旧電力会社へ解約の連絡をする必要もなく、新電力会社に上記情報を伝えるだけでスムーズに切り替えが可能なのです。供給地点特定番号や契約番号も検針票に掲載されておりますので、迷うことはないでしょう。

2つ目は「再点」と言われる方法です。これは引っ越しで電気を契約したい方が用いる方法となります。引っ越しで入居をする際、その段階では電気契約が結ばれていないことがほとんどです。

そのため、「何も情報が無い状態(供給地点特定番号や契約番号がまだ決まっていない)」で新電力会社もしくは一般送配電事業者などの電力会社へ連絡をする必要があります。その時に電力会社へ伝えるのは「お名前・住所・連絡先」となります。

それだけ伝えれば最短即日で電力供給がスタートいたします。入居のタイミングは自由に電力会社を選びやすいので、吟味して電力会社をチョイスしてください。

電気代の計算

それでは、どんな電力会社が良いのでしょうか?電気とガスをセットにしたい!〇〇〇〇ポイントを効率よく貯めたい!再生可能エネルギーを用いている会社が良い!とにかく安ければ良い!etc

電力会社を選ぶ基準は無数に存在しますが、上記のような理由が多いことがわかっています。特に「安ければ良い」という方が多くなるのには理由があります。それは、どの電力会社で契約をしても電気の質は同じであり、停電や漏電のリスクも従来と同じだからです。つまり、同じものを購入するのであれば安い方が良い、という当たり前の感覚で電力会社を選べば問題ないと言えます。

電気代の計算は少しややこしいのですが、大きく分けると2つの料金の合算で決まっています。それは、基本料金と従量料金です。基本料金はまったく電気を使用しなくても発生するお金、従量料金は使った分だけ請求されるお金です。

弊社のように基本料金を0円にして電気代を明朗にしている会社も増えてきました。お客様の立場で考えても、基本料金が0円の方が良いのは明白です。もちろん、それで従量料金が高ければ意味がありませんが、弊社では業界最安レベルでの料金設定を行っています。

最後に

電力会社は好きに選べる時代となりました。引っ越しのタイミングは電力切り替えを行う最大のチャンスです。電気を契約する方法は簡単ですので、ぜひトライしてみてください。