ホットプレートは、家族世帯であれば使われるご家庭も比較的多いのではないでしょうか。

焼肉、お好み焼き、ホットケーキなど熱々の状態で食べたい食べ物を調理する際に有効です。

また、フライパンとは違い、大量に焼くことができるので、大人数でわいわいとご飯を食べるときにも大活躍するアイテムです。

長時間、使うことも多いので電気代がどれくらいかかっているのか気にしたことがある人もおられるでしょう。

実際に、どれくらいの電気代がかかるのか見ていきましょう。

電気代をいざ計算!

基本的にどの家電も電気代は、「消費電力(W)÷1000×使用時間(h)×1kWhあたりの電気代」で計算することができてしまいます。

 

では、この式にホットプレートを当てはめていきます。

1kwhあたりの電気代は、東京電力管内の平均の27円で計算します。

ホットプレートは、最大で1300wほどの消費電力のものが多いようです。

使用時間は分かりやすく1時間で計算します。

1300÷1000×1×27=35.1

1時間あたり35円の電気代がかかるということが分かります。

しかし、実際にここまでかかることはありえません。

というのも、消費電力1300Wというのは、最大消費電力です。電源を入れて立ち上げの時に一番消費電力が高くなるので、1300Wが必要なのはこのときだけです。

いざ、料理がスタートすれば、半分以下になります。保温機能を使うと一番節約に繋がります。

およそ半分の600Wで計算すると、1時間あたり16円です。このように考えると1か月でホットプレートが電気代に占める割合というのは、非常に少ないでしょう。

おそらく、毎日のようにホットプレートを使うということは少ないと思います。

ただ、どうせ使うなら少しでも安くしたいですよね。

 

ホットプレートの節約術

どんな方法があるでしょうか。3つ紹介します。

1、時間で料理を済ませる

ホットプレート使う前に、あらかじめ熱が通りやすくなるように材料を小さく切ったり、ものによっては、あらかじめ電子レンジで温めておくという方法があります。

電子レンジは、食材の中まで温めるのに適しています。逆にホットプレートは表面は温まりやすいですが、中がなかなか温まらないので、電子レンジを活用した方が調理時間が短くなります。

 

2、保温機能を最大限使う

ある程度、食材が過熱したら、保温にして蓋をかぶせて余熱で調理をするとホットプレートの稼働時間が短いので節約に繋がります。

 

3、ホットプレートの大きさを利用する

この方法は、時と場合によりますが、ホットプレートはフライパンよりも大きいのでたくさんのものを同時に焼けるというメリットがあります。ホットプレートの一部を使っても全体を使っても電気代は変わりません。うまく、全面を活用して調理することで使用時間が短くなるので節約になります。

 

上記、3つを挙げましたが、基本的には稼働時間を短くする工夫をしましょうという提案です。

少しずつの積み重ねが大きな差となりますので、ぜひ実践してみてください。

 

さらに電気代削減のために電力会社を変えてみよう

 

その他には、2016年からスタートした電力自由化の波に乗って、電力会社を変えることが電気代を安くするうえでは、一番有効と言っても過言ではありません。

今までの同じように使っていても、電気料金自体が安くなっているので、1か月の電気代は確実に安くなります。

知っているか知らないかで、月間10000円くらい使っているご家庭であれば、10%くらい安くなることもあります。年間で考えれば1か月分無料になるくらいのインパクトがあるのです。

全国で600社ほどの電力会社があるので、選ぶのにも一苦労ですが、ぜひ自分自身のライフスタイルに合った電力会社を見つけてみてください。

確実に、今までよりもお得な生活が待っています。