好きな電力会社を選ぶ時代

いまの日本をはじめ、世界の先進国では電力小売が自由化されているケースが多いです。おさらいになりますが、電力小売完全自由化は2016年4月に日本でスタートしました。一般家庭で使用する低圧から大きな工場で用いる高圧まであらゆる電力の買い主が好きな電力会社から電力供給を受けれることになったのです。

もちろん、好きな電力会社を選べば良いので、その基準が値段であれ好き嫌いであれ特段問題はありません。切替手続きも非常に簡単で、早ければ5分程度で済んでしまいます。当然、すでに新電力に切り替えられている人も新たに切り替えることは可能であり、好きなタイミングで好きな電力会社に乗り換えれるようになっているのは素晴らしい国の施策だと考えます。

大きな違いはない

それでは従来の関西電力や東京電力のような大手電力会社(専門用語で一般送配電事業者と呼ぶ)とここ数年で誕生した新電力とでは何が違うのでしょうか?

もちろん、企業としての大きさや規模感、事業ドメインの広さなどを比べてしまうと雲泥の差が生じます。一般送配電事業者は年間売上ウン兆円というような規模でビジネスを展開されていらっしゃいますが、新電力の中には契約数が数件しかないというところも存在します。しかし不思議なことに、一般送配電事業者でも中小零細電力会社でも供給する電気の質は同じであり、停電のリスク等も全く同じなのです。

違いが生じる可能性があるとすれば、コールセンターの質や郵送物のクオリティ面かもしれませんが、日常生活においてほぼ影響がないと言えるでしょう。また、電力会社ごとにガスをセットにしていたり、かけつけサービスや見守りサービスを付与しているケースがあります。このあたりは電力会社によってカラーが違うので比較するポイントかもしれません。

いずれにせよ、電力会社としての本質である「電力の安定供給」に関しては関西電力でも東京電力でも新電力でもまったく同じなのは言い切ることができます。

託送業務を委託している

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?それは、新電力会社が「実際に電力を供給する業務(託送業務)」を一般送配電事業者に委託しているからです。街中を見ても一目瞭然であるように、電力を供給するための電線は一般送配電事業者のものです。さすがに新電力のレベルでいきなり作れるようなものではありません。そのため、新電力会社は、あらゆるルートから仕入れた電力を一般送配電事業者の電線を借りることで各家庭や工場などに電力供給しているのです。

当然ですが、この電線を借りる費用を新電力会社は支払っており、それが電気代の3分の1程度を占めることはあまり知られていません。

「あれだけの電線網を借りるのだから支払うのは当たり前だ!」という考え方もありますし、「あの電線網を借りれるだけでもありがたい」と考える事業者も存在します。事実として電気代の大部分を占めていますが、それほどまでに電気を供給するという行為が重要であることを示しているとも言えるでしょう。

最後に

関西電力?東京電力?新電力?とタイトルをつけてご紹介してまいりました。結局のところ、電力はどこの会社から購入しても同じ品質のものがお手元に届くことは間違いありません。

では、どのようにして電力会社を選べば良いのでしょか?あくまで一例になりますが、「値段」「安心感(本当は一緒)」「セット」の3つの軸でお考えいただくとわかりやすいかと思います。値段は電力会社によって大きくことなるので慎重に比較をしてください。そして「なんとなく」安心できるところで供給いただくのが余計な心配がないかと思います。ガスをセットにしているところもありますがこれはメリットデメリットがありますので一概には言えません。

素晴らしい電力会社に出会えることをお祈りしております。