寒い冬に、一番幸せになれる暖房アイテムと言えば、こたつと答えるも多いのではないでしょうか。

日本古来の暖房器具であり、日本の誇る暖房器具と言えるでしょう。

足元が、ポカポカと温まり、布団のぬくもりもあり、一度こたつに入ってしまうとなかなか抜け出すことが難しいですよね。

そして、そのまま朝まで寝てしまったというケースも良く耳にします。

こたつは、昔からある暖房器具なのですが、電気代がどのくらいかかるか気になりますよね。

こたつは、電気代が安いという意見がありますが本当にそうでしょうか。

見ていきましょう。

こたつの電気代、実は高い?

こたつの消費電力は大きいサイズで、600Wほどです。

では、こたつを1時間使った場合はいくらの電気代になるでしょうか。

計算式は下記に通りです。

(東京電力管内の平均1kwhあたり27円で計算)

0.6kwh(600W)×1kwhあたりの電気料金27円=16.2円

24時間つけっぱなしとなると、388円となります。

1か月使うと10,000円を超える計算です。

こう聞くと、こたつって電気代高いなという印象を受けるでしょう。

 

決して高くない、使い方次第で変わる

しかし、これにはカラクリがあります。

というのも実際に、600Wで使い続けるということは考えにくいからです。この600Wというのは、こたつの電源を入れて最大の力で立ち上げるときのみです。

実際には、強で200W、弱で80W程度の商品が多いようです。

さらに言えば、強でずっと使い続けることもまずありえません。

こたつには、ふとんがついています。

弱であっても、しっかりとふとんで暖気が逃げないように工夫すれば十分に温かいです。

これを踏まえて、もう一度、電気代を計算してみましょう。

強の場合

0.2kwh(200W)×1kwhあたりの電気料金27円=5.4円

24時間つけっぱなしでも、130円

1か月でも、3900円です。

弱の場合

0.08kwh(80W)×1kwhあたりの電気料金27円=2.1円

24時間つけっぱなしでも、50円以下

1か月でも、1500円程度

となります。

こう考えると、こたつは電気代が他の暖房器具と比較して安いと言えますね。

 

こたつ節約術

さらに、電気代を下げる方法としては、布団を2重にするというのがかなり有効です。

どうしても布団1枚だと熱は逃げてしまいがちで、冷気も入ってきやすいです。

そこで2重にすることで放熱をシャットダウンしましょう。

こうすれば、仮に電源を切ったとしても余熱で温かい状態を保つこともできます。

 

また、人感センサー付きのこたつは、オススメです。

こたつは、外から中が見えないので、ついつい電源を切り忘れてしまうこともあります。

しかし、人感センサー付きなら、人が入っていないときは自動的に電源を切ってくれます。

このような電気代の無駄を省いてくれる機能です。

こたつの購入をご検討であれば、人感センサー付きも視野に入れてみてはどうでしょうか。

 

気代も安くて、エアコンと違い乾燥もしないので、とても重宝されているのが分かります。

しかし、ついつい暖かくて気持ちよくて、そのまま寝てしまうこともありますが、オススメできません。逆に、足が温まりすぎて汗をかいてしまって、体温が下がり体調を崩すなんてこともありえます。

節度を持って、こたつとは向き合いたいですね。

 

電力会社の切り替えがお得

さらに、電気代の節約を考えるなら、電力会社の切り替えが最も有効です。

電力会社を切り替えるだけで毎月、10%ほど安くなることもあります。

全国で600社ほども電力会社があるので、選ぶのはなかなか難しいかもしれませんが、自分自身のライフスタイルにぴったりの電力会社を探してみましょう。

ぜひ、これを機会に電力の切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。