2016年4月から本格的に電力自由化がスタートしました。それ以前も、高圧分野ではすでに自由化がスタートしており、10大電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)以外にも、数は少ないですが大手のエネルギー関連企業はすでに電力小売りを行っていました。

しかし、2016年4月を皮切りに、低圧分野(一般家庭、飲食店、事業所など)も自由化となり、一気に電力会社が増えたのです。

誰もが知っている通信会社やガス会社などに始まり、電力を売るためだけの会社も立ち上がりました。

その数は年々増え続け、現在は700社に迫る勢いとなっております。

これだけの、数の電力会社があるとどの電力会社と契約して良いか分からなくなってしまうという声も非常に多いです。

 10大電力会社

その中でも、相変わらず人気なのが10大電力会社となります。おそらく、電力自由化という名前は聞いていても、実際に自分事に思わず、そのまま10大電力会社と契約を続けている方が多いのでしょう。また、安心感という側面からそのまま契約を続けているケースもあります。

携帯会社

その他の人気の電力会社と言えば、誰もが馴染みがある携帯会社です。

ソフトバンク、auは積極的に電力販売に取り組んでおられて、CMなどもご覧になられた方も多いと思います。

メリットとしては、携帯料金とまとめて支払いが可能であったり、ポイントがたまったりということが挙げられます。

デメリットとしては、融通が利きづらいということでしょう。

例えば、ソフトバンクの携帯を使っていて、電力もソフトバンクだとすると携帯をauに変えたいと思ったときに電力会社の切り替えも検討しなければなりません。auユーザーがソフトバンク電気も使えますが、メリットを最大限活かそうと思うと、au電気に切り替えた方が良いかもしれません。このような縛りが出てきてしまう可能性があります。

エネルギー系会社

その他、ガス会社やガソリンスタンドで有名なENEOS電気も非常に人気があります。

ガス会社の場合、ガスと電気のセット割やメンテナンスを一緒にやってくれたりというサービスもあります。

ガソリンスタンドであれば、毎回のガソリンの値段が割引されたりというサービスがあります。

やはり、自分の生活に直結しているサービスを提供している会社やお店と契約すると、お得になる施策がたくさん用意されているのでメリットは大きいと思います。

地域電力会社

また、地域電力会社も要チェックです。

電力料金自体は、そこまで安いところは少ない傾向もありますが、地元で立ち上がった電力会社(和歌山電力、香川電力、熊本電力など)もたくさんあります。お住まいの地域にこのような電力会社があれば、その会社がどのように地元の為に活動されているかなど調べてみるのも良いでしょう。売上金の一部を地域に還元しますというようなことを掲げている会社が多いので、せっかく電力会社にお金を払うなら地元で頑張っている会社を応援して、間接的に地元に貢献できるというのがメリットです。

 

独立系電力会社

次に、電力を売るために立ち上がった会社もオススメです。

自分の使っているサービスとの融合性などは一切ありませんが、とにかく電気代を安くしたいという方にとっては、オススメです。

なぜなら、電力を売るためだけに注力している為、コストカットを大幅に図りながら経営されているケースが多いで。

安心感や信頼度、ポイント連携などは置いておいて、とにかく電気代を節約したいという方は、このような電力会社を調べてみてもいいでしょう。

まとめ

これらのように、各電力会社により販売戦略はさまざまであり、それぞれのライフスタイルに合わせてメリットデメリットは存在します。

電力自由化により、自分自身で選べるようになったので、この機会に検討してみてはいかかでしょうか。