2016年4月からスタートした電力自由化。

電力業界にとっては、非常に大きい出来事です。それ以前は、10大電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)と呼ばれる各地域の電力事業をすべて担っている状態でした。

それが、小売事業者の資格を取れば、どんな企業でも電力の販売をできるようになったのです。現在では、600社を超える会社が電力小売り事業を展開しています。また、販売代理店も含めると1000社を超える状態となっています。

これだけの会社から電力を買えるとなると迷ってしまいますよね。

しかも基本的には、10大電力会社よりも安い価格設定を打ち出しています。

大手企業が電力会社をやっているケース

大手ガス会社や通信会社、携帯会社、スーパーなどでは、電気代の安さに加えて、独自のポイントを発行したり、セット割などがあり、メリットが非常に大きくなっています。

また、もともと使っているサービスと一緒に電気料金も請求されたりできるので、手間も省けますし、お金の管理が楽になるという側面もあります。

例えば、楽天でんきであれば、楽天市場での買い物の際に特別にポイントが付与されますし、電気料金などを確認するIDやパスワードも楽天会員と同じなので管理がしやすくなります。日頃から、楽天市場をよく利用する方にとっては楽天でんきが最適と言えるでしょう。

ガス会社であれば、ガスと電気両方を契約することで、セット割が適用されるので光熱費の大幅なコストカットが可能となります。請求も合算で行えたりするケースもあるのでありがたいですよね。

新たに地域に根付いた電力会社のケース

また、地域に根付いた電力会社もどんどん立ち上がっています。

和歌山電力、香川電力、熊本電力、石川電力、奈良電力など多数、存在しています。

各県に一つは、このような会社があるように思います。

このような会社と電気の契約をするメリットは、ズバリ地域貢献を間接的にできるということでしょう。

売上金の一部を地域の活動に還元します!など掲げておられる会社も多いです。

また、別の考え方でいくと、今までは10大電力会社の本社のある県や市に税金が流れていました。それを、各県や市に電力会社が誕生することでその流れを変えることが出来ます。

電気代の削減にそこまでこだわりがなく、地元を応援したいという方には、打ってつけの電力会社となるでしょう。

新規参入型電力会社のケース

完全独立系の電力会社の場合は、単純に電気代の安さを追求している会社も多いです。

とにかく電気代の安さに注力できるので、会社経営に関する様々なことをコストカットしやすいのです。とにかく電気代を安くしたいという方にとっては、最適な電力会社が見つかりやすいかもしれません。

また、独自のサービスやビジネスモデルを開発しているケースも多いです。

みんな電力の場合は、ブロックチェーン技術を活用し、電気の発電者の顔が分かるという取り組みをされています。自分の家に流れてくる電気は、こんな人が発電してくれているのだなと分かる世界は素晴らしいと思います。従来では考えられないサービスを体感したい方はオススメです。

 

まとめ

これらのように、本当に電力会社によりサービスはバラエティに富んでいます。

自分が、電力会社にどのようなことを求めるかによって電力会社選びは変わってくるでしょう。

そして、どの会社を選んだとしても停電のリスクなどは全く同じなので、気軽な気持ちで電力の切り替えをしていただきたいです。解約金の発生しない会社も多いので、自分に合う、電力会社に巡り合っていただきたいと思います。