冷蔵庫の電気代の計算方法

みなさん、家電の電気代ってどのくらいか把握して使用されていますでしょか。

おそらくそこまで意識して商品選びや使用しておられる方は少ないのではないのでしょうか。

今回は、365日24時間、絶え間なく動き続けている冷蔵庫の電気代がどのくらいなのかということを取り上げていきたいと思います。

東京電力エリアでの例を紹介していきます。
冷蔵庫の電気代は、説明書も記載されている年間消費電力量から計算することが可能です。計算式は下記に通りです。

年間消費電力×1kWhあたりの電力量料金単価=年間電気代

年間消費電力量とは

では、冷蔵庫に記載されている「年間消費電力量」とは何でしょうか。
冷蔵庫の消費電力量は、開け閉めの回数や、開けている時間などにより大きく変わってしまうため、測定が難しいので家庭用冷蔵庫の消費電力量はJIS(日本工業規格)により測定方法が決まっています。
JISによる測定方法は、より実際に使用されている状況に近くなるように、これまでに何度か測定方法が改善されてきています。最新の測定方法は2015年に定められ、現在販売されている冷蔵庫の説明書などに記載されている年間消費電力量は2015年に定められた最新のJISの測定方法で測定されているようです。

 

具体的な冷蔵庫の電気代はコレ

では、実際に年間の冷蔵庫の電気代はいくらくらい何でしょうか。

東京電力エリアでの最安に近い1kWhあたりの電力量料金を27円として計算すると、冷蔵庫の年間消費電力が300kWhの場合は以下のようになります。

300kWh×27円=年間電気代の目安は8,100円となります。

どうでしょうか。高いと感じられた方は少ないのではないでしょうか。365日ずっと動きっぱなしの割には安いと感じるかと思います。

冷蔵庫は、意外にも大型のものほど年間消費電力は低い傾向にあります。小型のものの方が高いようです。
具体的には、大型のもの(4人世帯程度)は250kwh程度、小型のもの(1人世帯程度)は330kwhあたりの製品が多いみたいです。メーカーや種類によりバラつきはあるのでご購入前にお調べいただくと良いです。

冷蔵庫の使用上の節電術

比較的、電気料金は低い冷蔵庫ですが、どうせなら少しでも節電したいですよね。

そこで、冷蔵庫を使う上で、少しでも節電になる方法をご紹介します。

開閉数を減らす

一番は、開け閉めの回数を減らし、開けている時間を少しでも短くすることです。
冷蔵庫を開けるたびに冷気が逃げてしまい、冷蔵庫が設定温度まで冷やすために電力を使う仕組みになっているためです。

温かいものを入れない

開け閉め以外の部分ですと、食べ物を温かいうちに冷蔵庫の中にいれないということもあります。冷蔵庫内に一つでも温かいものがあると冷やすのに余分な電気を使ってしまいます。よく冷ましてから冷蔵庫に入れると良いです。

冷却口付近にもの置かない

冷却口の近くにものを置かないというのも冷蔵庫内を効率よく冷やすコツです。近くにものがあると循環が悪くなり効率が下がりますので気をつけましょう。

冷蔵庫の周りのものを置かない

冷蔵庫の周りにあまりものを置かないというのも有効です。
冷蔵庫は動いているときに熱を出しているので、冷蔵庫の上に物を置いたり、物がくっついていたり、壁に密着しすぎていると余計な電気代がかかってしまいます。壁から10cmほどは離した方が良いと言われています。

いかがでしょうか。
毎日、動き続けている冷蔵庫。家電の中でも一番使用頻度は高いと思われます。
購入前の冷蔵庫選び、購入後のちょっとした使い方の工夫で電気代を下げることは可能になります。
日々の冷蔵庫の使い方を今一度見直してみる価値はあるのではないでしょうか。