2016年4月にスタート

いまこのホームぺージをご覧いただいているということは、電力小売が自由化されていることをすでにご存知の方かと思われます。もしかするとすでにほかの新電力会社に切り替えを済まされており、他に安い電力会社を探す過程で弊社にたどり着いていただいたのかもしれません。ありがとうございます。

さて、電力小売完全自由化は2016年4月にスタートしました。この「完全自由化」というのが肝であり、一般家庭で利用するような低圧と言われる分野は確かに2016年4月に小売自由化となりました。しかしながら工場やオフィスビルなどの大きな電気を使う高圧と言われる分野は2000年代初期の段階ですでに自由化がなされていたのです。そのためこの2016年4月を完全自由化と呼ぶのです。

完全自由化当初、大手企業の電力業界参入もあり一気に契約のシェアが従来の電力会社から新電力へと流出しました。いまでは一時の勢いは落ち着いたもののまだまだシェアの多くを東京電力・関西電力のような一般送配電事業者といわれる従来の電力会社が握っています。

誰もが切替可能

新電力への切り替えは誰もが可能であるにも関わらず、どうして料金が安い新電力のシェアが増えていかないのでしょうか?それには大きく2つの理由があると弊社は考えています。

1つ目はメディアの報道が新電力に追い風ではないということ。決して向かい風だというわけではありませんが、資本力の違いがありどうしてもマスメディアでは大きな資本を持つ従来の電力会社が力を持ってしまいます。そのため「なんとなく」の理由でメディアでの露出が多い従来の電力会社の方がよく見えてしまうのでしょう。しかしながら従来の電力会社も新電力も流している電気の質や停電のリスクはまったく同じです。一般の方々がお持ちの「なんとなく」が大きな心理的なハードルになっていると言えるでしょう。

2つ目は切替手続きが浸透していないという点です。本来新電力への切り替え手続きは5分もあれば完結する非常に簡単なものです。

・現在契約中の電力会社名

・供給地点特定番号(住所)

・お客様番号

・ご契約名義

上記の4点があれば切替は済んだも同然です。この情報を新電力会社に伝えるだけで、その会社が現在契約中の電力会社に解約手続きを行ってくれます。上記の情報は検針票を見ればすべて記載されている事項であり、誰もが簡単に切り替えを行うことができるのです。

おすすめのパターン

新電力会社は数多く存在しそれぞれに料金プランや特典が異なります。ほとんどの場合で従来の電力会社から新電力へ切り替えれば安くなりますが、特におすすめとなるパターンをご紹介します。

それは、「基本料金0円+従量料金が固定制」の新電力会社、もしくは「電気とガスがセット」の新電力会社です。基本料金0円ということは、もし一カ月間まったく電気を使用しなければ請求は0円となります。しかし、従来の電力会社は基本料金が0円でないため、まったく使用しなくても請求金額が発生するのです。それだけで損だと言えます。

従量料金が固定制のメリットは、電気料金の明確さです。使用料金に対してエリアごとに決められている料金単価を掛け算するだけです。電気料金の仕組みは難解なため、これをわかりやすくすることだけでも省エネ意識が改革されることでしょう。

電気とガスがセットの魅力は、ずばり安さです。電気単体ではそれほど・・・ガス単体ではそれほど・・・の会社でもセットで契約すれば魅力ある料金プランに早変わりするケースが多いです。請求も一括となるため簡略化されます。

最後に

新電力で電気代を削減する方法は非常に簡単です。文中に述べた4つの情報を新電力会社に伝えるだけで切替が行われます。たった5分の手間をかけるだけで電気代が削減されていくのです。