たくさんの新電力会社

日本に限らず、世界全体で電力自由化が進んでいます。正確に言うと、世界の電力自由化が進む中で日本が遅れて自由化したのが電力業界です。

2016年4月に低圧領域を含むすべての需要家が電気を好きな会社買えるようになりました。これが電力小売完全自由化です。自由化当初は多くの新電力会社がテレビCMを含めて相当な販促費を用いて顧客獲得に動き出しました。一般の生活者の方々にもなじみの深い会社がたくさん新電力業界に参入してきたのです。

街中にガスを供給している会社、街中に鉄道網を張り巡らしてる会社、街中で携帯電話の通信ネットワークを敷いている会社、自治体が作った会社、誰も知らなかったベンチャー企業など多種多様なアイデンティティを持った会社が電力業界に入ってきたのです。そして数は少ないですが、自然の電気=再生可能エネルギーを用いて電力事業をスタートした会社も存在します。

再生可能エネルギー

発電にも多くの種類が存在するのですが、認知度の高いものでいうと原子力発電、火力発電などが大きな割合を占めています。事実、日本の電力事情もこれまではこの2つにかなりの割合を助けられてきました。

しかし今、電気はあらゆる方法で作ることができる時代になっているのです。多くのお家の屋根には太陽光パネルが乗る時代になりました。もちろん目的は発電をするためです。自家消費をしても良いですし、余剰分を売電しても構いません。また、原子力や火力に比べて環境にやさしいのも魅力の1つです。

個人のレベルでは難しいですが、水力発電や風力発電、バイオマス発電なども再生可能エネルギーと言われる発電方法に区分されます。このようは発電方法は法人が事業化して行っており、こういった電気だけを自社の仕入れとして小売業を行っている新電力会社も数は少ないですが存在します。

しかしながら、「小売業」の観点だけで考えてしまうと、仕入れの部分がどうしても不安定かつコスト高になりやすいため、結果的にお客様への料金プランが高い数値で推移してしまう傾向になります。これがアパレルの世界であれば「誰がセレクトした」「誰が作った」「どこのブランド」というのが価値を決めるのですが、残念ながら電気はどんな発電方法をしても基本的には質が同じです。風力で作った電気だと湯沸かしポットが時間を要する・・・といったことはありません。水力だと停電しやすい・・・ということもありません。

つまり、発電の部分にストーリーや想いはあれど、供給先には同じクオリティ(目に見えないものなので致し方ないが)で届いてしまうのです。

最後に

自動車の世界ではガソリン車から電気自動車への流れがどんどん進みだすでしょう。ヨーロッパでは具体的に◌◌年までに電気自動車を中心に!という話が進んでいます。日本も遅れてはいるものの、街中で日産のリーフや米テスラの電気自動車を見かけるようになりました。

いままで走行距離や充電時間に不安があった電気自動車ですが、いまでは電池の技術革新で大幅に性能が上がっています。これであれば電気自動車でも大丈夫!という方が増えるのは間違いありません。家の太陽光パネルで発電して電気自動車に乗る。家の太陽光パネルで発電して蓄電池に蓄えておく。こういった動きが増えるのは明白であり、世界の人々が目指していく方向性でもあるでしょう。

もちろん、原子力や火力が悪いわけではありません。太陽光パネルが絶対的な正義とも限りません。ですが、持続可能な社会を作ろうという世の中の大きな流れがある以上、これからの人々の意識は変わっていくことでしょう。

電気を使う人が、自分で好きな電力会社を選べる時代です。その一つの選択肢が自然=再生可能エネルギーというのもアリではないでしょうか?