電力小売完全自由化の影響

新電力会社に関する質問の中で、「スマートメーター」に関するものを頻繁にいただきます。いままでとメーターが変わるのか?新電力会社だからスマートメーターになるのか?スマートメーターに変える費用は必要なのか?など基本的にはスマートメーターに対する不安や疑問の質問が多いです。

それも当然で、スマートメーターに関する情報は広く一般的に説明されているわけではありません。今回は電気と切っても切れない関係になったスマートメーターに関する記事をまとめさせていただきました。

スマートメーターとは?

そもそもスマートメーターとは何でしょうか?答えをわかりやすくいうと「どれだけ電気を使ったか?」がわかるメーターです。従来も電気使用場所にはメーターがありました。電気を使用するとクルクル回るメーターです。月に一回検針担当の方が数字を読みにくる・・・という流れでした。

しかし、いまではスマートメーターに代わってきています。スマートメーターに変更されるパターンは2つです。1つ目は新電力会社に一般送配電事業者(東京電力や中部電力、関西電力や四国電力)から切り替えた時です。検針担当の方がメーターを読みに来る代わりに、スマートメーターを利用して遠隔操作してデータを取得します。

2つ目は一般送配電事業者の任意のタイミングです。一般送配電事業者にとってもスマートメーターへの切り替えはどんどん進めていきたい施策の1つです。そのため勘違いされやすいのですが、新電力に変更せずともスマートメーターに切り替わっていくのです。

なお、スマートメーターは一般送配電事業者の持ち物です。新電力に変更することでスマートメーターに切り替わることは事実ですが、費用が発生するわけではありません。停電のリスクも公表されていますが、基本的には停電なしで切替が行われることも多いです。それではなぜスマートメーターに代わっていくのでしょうか。

今後の世の中

これからの世の中はすべてデータでつながる時代になることは間違いありません。あらゆるものをデータで管理し、それぞれの生活に最適な提案ができる時代となるでしょう。

従来の検針方式では検針員の目視で月に1回数字を取得するだけでした。しかしながらスマートメーターに切り替わることで、30分単位のお客様のデータが自動的に収集される仕組みになったのです。これは大きな効率化です。30分単位でその場所の電気使用状況を把握できるため、その方が在宅中なのか外出中なのかもデータが貯まれば判断できるようになります。毎朝7時に電気使用が始まる独居老人のお宅がその日電気が使用されなかったら・・・緊急的に駆けつけるサービスが生まれるかもしれません。

検針がスマートメーターに切り替わるだけで、世の中がグッと便利になることは間違いありません。いままで生まれてこなかったサービスが登場することで新たな雇用が生まれることもあるでしょう。スマートメーターにはこのような利点があるのです。

最後に

ここまでご説明したように、スマートメーターには大きなメリットが存在します。しかしながらスマートメーターに関する詳細な説明がなされていないため、不安や疑問、場合によっては不満が生まれているのが今の電力業界の現状なのです。

スマートメーターは一般送配電事業者の持ち物です。本来であればすべての需要者が納得できる説明が必要でしょう。それはテレビCMや紙資料など伝われば方法はなんでも構わないのです。しかし、そこに対する努力があるかは怪しいと言わざるを得ません。

すべての方が安心して電気を使用できる世の中になるよう、一般送配電事業者は責任を全うする必要があると言えるでしょう。