ワインセラーが自宅にあるという方は、比較的少ないかもしれません。お金持ちのアイテムだと思っている方もいるかもしれません。

ただ、昨今ワインブームもあり、年々需要は増えていると言われています。

ワインセラーを持っておられる方の中には、実際にどれくらいの電気代がかかっているのだろうと疑問に思う方もいるでしょうし、ワインセラーの購入を検討されている方のなかには電気代が判断材料になることもあるでしょう。

ワインセラーは、年中電源を付けっぱなしという方も多いはずなので、電気代って結構高いのかなと思っている方もいるかもしれませんね。

では、実際に、どれくらい電気代がかかるのか見ていきましょう。

ワインセラーには3種類ある

まず、ワインセラーには3つの冷却方式があるのはご存じでしょうか。

コンプレッサー式

コンプレッサー式は、文字通り、コンプレッサーで冷媒を循環し、冷媒の気化熱を利用して冷却を行う方式となります。冷却性に優れているので省エネになっており、多くの家庭用冷蔵庫やお店などで使う業務用ショーケースなどはこの冷却方式を採用していることが多いです。コンプレッサー式のワインセラーは冷蔵庫と同じような音がします。 3種類の中では消費電力量が小さいタイプとなります。

アンモニア熱吸収式

アンモニア熱吸収式は、冷媒にアンモニアを使用して、冷媒の循環にはヒーターを使い、コンプレッサー式と同様に気化熱を利用する冷却方式となります。コンプレッサー式と比べて、音が静かなのが特徴ですが、冷却性がコンプレッサー式に比べて低くいので、消費電力量が比較的大きいタイプとなります。

ペルチェ式

ペルチェ式は、半導体素子のペルチェ効果を利用する冷却方式となります。比較的安価で小型のものが多いのが特徴です。冷却の効率が低く大型のワインセラーには適してないので、小型のワインセラーでの使用がメインとなります。また、排熱用のファンが必要になるのでファンの音がしてしまいます。冷却効率の低さとファンのため、電力消費量が比較的大きいです。

 

電気代を計算してみよう

では、電気料金の計算をしていきます。

東京電力管内の平均の1kwhあたり27円で計算を行います。

メーカーや機種により、電気代は異なりますのであくまでも参考程度にお考え下さい。

 

ワイン12本収納のコンプレッサー式の場合

年間電力消費量は、180kwhと言われているので、これに27円を掛けます。

そうすると4860円となります。

年間4860円なので、これを12か月で割ると、1か月あたり405円となります。

24本収納の場合は、年間4995円

65本収納の場合は、年間5535円

89本収納の場合は、年間6750円

となります。

この金額を聞いていかがでしょうか。

ずっと電源をつけっぱなしにしては、意外と安いと感じる方も多いのではないでしょうか。

ワインセラーの電気代削減のために

ワインセラーの電気代を削減するには、下記のようなことが重要です。

・外気温

・扉の開閉数、時間

・ワインの詰め込みすぎ注意

 

外気温に関しては、どうしようもないので、他の2つを気をつけましょう。

特に、扉の開閉数を減らす、長時間開けっ放しにしないことが一番重要です。

温度が上がってしまうと、それを冷やすために、一気に電力を消費してしまいます。

一定の温度を保つのに労力は少ないのですが、温度を元に戻すのには相当な労力が必要です。

また、ワインの詰め込みすぎは、ワインセラーが庫内を冷やすのに効率が悪くなってしまうので決められた通りの本数を収めるようにしましょう。

少しの意識改革で実践できることなのでぜひお試しください。

日々の積み重ねで節約は可能なのです。